ほうざんのもしかするとためになる話

少しでも役立つ情報を掲載できればと思っております。

ダイエット生活4週目の様子。新たなるダイエット方法を確立できることを確信した。

どうも。

 

他人にも自分にもついつい甘くしてしまうことで有名なえるこんです。

 

ダイエット生活も3週目が終わりました。

結果報告と今後の取り組みについて話をします。

 

3週目までの結果はこちらをどうぞ。 

www.erukon.com

www.erukon.com

www.erukon.com

www.erukon.com

 

結果

体重は、日曜日の時点で102.5キロでした。

 

f:id:erukon:20190701205901p:image

f:id:erukon:20190701205905p:image

 

先週よりもマイナス1キロでした。

納得の結果です。

 

ダイエット開始からはマイナス2.1キロ。

1ヶ月でマイナス2.1キロなのでこちらも納得です。

 

ダイエット自体は上手くいったと言えます。

 

ダイエット4周目に取り組んだこと

4週目は、食事と運動ともに手ごたえを感じました。

食事

3週目にしていた夕食の炭水化物摂取をやめました。3週目は、体重の減りが悪かったからです。

 

その他は、特に変えていません。週末は好きなものを食べました。そのため4週目の頭は体重が増えています。

 

運動

筋トレをしっかりとやりました。そのためHIITはやっていません。足の筋トレを意識しました。(しかし、筋肉痛が取れなくて週に2回の実施でした。できれば、3回はやりたかったです。)

 

あとは、腹筋、背中、肩、腕の筋トレをしました。各部位1〜2種目を3セットほどです。

 

筋トレのメニュー自体はそこまで重要視していません。怪我しないで鍛えることができれば、どんなメニューでも問題ないからです。

 

有酸素運動については、食後に軽く散歩しただけです。もっとも、雨続きだったのであまりできなかったですが。。。

 

100キロ切りかと思われた土曜日

4週目は、体重の落ち方がよかったです。

 

理由はわかってないですが、筋トレがよかったのかと思われます。

 

あとは、強いていうなら大便です。

 

毎朝、確実に出てましたが、4週目は午前中にもう一度出る日が多かったです。

 

そんな感じだったので土曜日には、100キロ切りまであと少しでした。

 

体重計のデジタルが99.9と100を行き来しまくって興奮してしまいました。

 

たかが2キロでもダイエットが上手くいったと考える理由

4週目の体重の落ち方はかなり理想通りでした。

 

私は週末は好きなものを食べてOKにしていたので、日曜日と月曜日は体重が増えます。

 

そして、また月曜日から金曜日までダイエット生活をするので体重が徐々に落ちます。

 

そして、土曜日の朝に先週よりもちょっと体重が落ちているのが理想です。

 

4週目は、まさにそれを体現できました。

 

この、私の理想通りの体重の落ち方を続ければ、派手ではないですが、着実に体重が落ちます。

 

そのため、1ヶ月でたかが2キロダイエットできただけでも上手くいったと感じたわけです。

 

もし、この生活を1年間続けたら、単純計算で24キロのダイエットになります。そうなれば、超理想の70キロ台も見えてきます。

 

少なくとも1年間無理なく続けられるダイエット方法が確立された

私のこの1ヶ月のダイエットは、長期的に取り組めるダイエット方法として確立できました。

 

1日3食食べて、週末は好きなものを食べられる。それでいて、ダイエットができる。ダイエットの難易度としては、低く設定できています。

 

これだったら、1年間続けるというか、習慣として身に付けることができそうです。

 

朝はしっかり炭水化物を摂取する。

昼は少しだけ炭水化物を摂取する。

夜は炭水化物を摂取しない。

運動は週5以上は行う。

 

これが私の導き出した楽で辛くないダイエット方法です。

 

ダイエット方法に自信がある理由

私の平日の食生活は、標準の摂取カロリー程度だと思います。(野菜を多く食べている分、食事の量は多いと感じるだけなので)

 

もし、私のダイエット生活中の食事の摂取カロリーが、標準体型の人と同じレベルだった場合、ダイエットを続けることでいずれは私も標準体型になれることを意味しています。

 

痩せている人と同じ食事を続けていれば、太ることはなく、むしろ痩せていくことくらいは想像できると思います。

 

これは、私のダイエット方法の本質です。

 

例えば、身長が同じ175cmのAとBがいます。

Aの体重は65キロ、Bの体重は90キロです。

 

このような場合、1日の消費カロリーはBの方が多くなります。

 

なぜなら、重い体を動かすために多くのカロリーを消費するからです。

 

そのため、Aの体重が変わらないという食事をBが完全に真似した場合、少しずつですがBはダイエットできます。

 

Aの摂取カロリーが2000kcalで消費カロリーが2000kcalだとします。この場合、Aが太ることはありません。摂取カロリーを余すことなく消費するからです。ここで、摂取カロリーが消費しきれないで残ると少しずつ太ります。

 

そして、BがAの食事を完全に真似をするとBの摂取カロリーは2000kcal。消費カロリーは体重が重たい分、2300キロカロリーだとします。

 

そうするとBは確実にダイエットできます。

消費カロリーが摂取カロリーを上回っているからです。

 

Bは、消費カロリーが2000kcalになるまでは痩せ続けることができるのです。

 

これはあくまで理論上の話なので、実際は思ったより痩せないということはあるかもしれませんが、痩せることは確かなことです。

 

今後の予定

これからも同じようにダイエット生活を続けていきます。

 

最大の狙いは、食べることへの興味を減らすことです。

 

週末になっても、いつも通りでいいや、と考えることができれば、ダイエット生活が習慣化できた証拠です。

 

期間は年内としたいところですが、期間が長いと1ヶ月くらい食べまくっても大丈夫などという誘惑が発生します。

 

毎週の体重変化に一喜一憂しながら、気づいたら年末までダイエット生活が続いたという流れに持っていきたいです。

 

最後に

体重報告は毎週していきます。

 

食事メニューや筋トレメニューの発表もしていくつもりですが、体重がよく落ちた日とか逆に落ちなかった日などについて外的要因を判明させて伝えることができたらと考えています。

 

ダイエットしたいと考えている方は、是非とも私のようにゆっくりマイペースにやっていきましょう!

 

それでは。