ほうざんのもしかするとためになる話

少しでも役立つ情報を掲載できればと思っております。

今を我慢して、将来が充実することができればそれでいいのだと思う

どうも。

 

他人にも自分にもついつい甘くしてしまうことで有名なえるこんです。

 

今回は、日記みたいになっています。

 

私は、どうしても今だけを考えてしまいます。

 

今は、借金の返済があり、思うような生活ができません。

 

私は、結婚していますが、妻に指輪を買うことも結婚式をあげることもできません。

 

そうなると、他人ばかりに目がいってしまいます。結婚していれば指輪はしているし、景気よく結婚式をあげて、新婚旅行でハワイに行く。新しい車を買う。

 

これらは、借金がなければできたことかもしれません。そう思うと余計に心が痛いです。

 

しかし、今我慢すれば、10年後に、結婚式挙げる、指輪を買う、ハワイに旅行に行く。これらの中で何かはできたと振り返ることはできます。

 

今は、我慢の時です。

 

確かに、周りは今を充実して生きていますが、その周りの人も10年前は我慢していたかもしれません。そうだとすれば、今が充実していることは当然の結果です。

 

私もそのようにならないといけません。

 

隣の芝は青いとよく言いますが、自分の理想とする姿を誰だってうらむものです。

 

しかし、他人の姿は部分的にしかみることはないです。

 

その部分的な姿にうらやむだけで、それ以外の部分では質素な生活をしているかもしれません。借金抱えて生活しているかもしれません。

 

そこを理解しないと、見栄の張り合いになってしまいます。

 

今の現状は過去の結果です。変えることはできないです。そのため、今を変えたいのであれば将来にならないと変わらないのです。

 

今の現状を素直に受け止めて、我慢する。これだけで将来が充実するのであれば、今は笑って我慢できます。

 

もちろん、自分の人生における軸はブレてはいけません。そうすれば、10年後(何年後でもいいです)に、今の我慢は酒の肴になります。

 

我慢は努力をすれば永久に続くものではありません。

 

受験勉強とか、仕事もそうです。合格、退職というゴールがあるので永久には続きません。

 

ただ、我慢から途中から逃げると死ぬまで我慢することになります。

 

我慢のゴールがあるのであれば将来は充実することを信じて頑張るしかないのです。

 

未来で幸せになる。過ぎたことはもう忘れて今からどうするべきかを考えて行動に移すことが大切です。

 

わたしたちは、今辛くても、我慢すれば将来は今より状況はよくなります。

 

明るい将来のために今は辛抱できる。そんな人間になるべきだと改めて感じました。

 

それでは。