ほうざんのもしかするとためになる話

少しでも役立つ情報を掲載できればと思っております。

ベトナムで「アタック25」が放送されるようになったので視聴してみた

どうも。

 

他人にも自分にもついつい甘くしてしまうことで有名なえるこんです。

 

日曜日の午後1:30と言えば、クイズ番組のアタック25です。

 

日本人であれば誰もが知る番組がなんと、ベトナムでも放送されるようになりました。2019年7月からです。

 

放送と言っても、日本のアタック25を放送するわけではありません。なんでも、ベトナムのテレビ局がアタック25を放送する権利を買った?らしいです。

つまり、勝手にパクったのではなく、朝日放送テレビから許可をもらったらしいということです。

 

いつぞやに、某国がディズニーランドか何かを勝手にパクって、ヤバい感じの着ぐるみになっていたという流れではなさそうです。 

 

アタック25が嫌いという人はいないでしょう。

 

「児玉さんじゃなきゃダメ」みたいな意見はあるでしょうが、番組そのものは面白いです。

 

というわけで、私、ベトナム語はわからないですが、早速YouTubeで視聴しました。ちなみに、ベトナムではテレビ局が公式のチャンネルを持っています。そのため、テレビ番組の再放送としてYouTubeで手軽に視聴が可能です。

 

視聴していただければお分かりですが、ベトナムではかなりアレンジされています。日本のアタック25をベースにベトナムのテレビ番組の風習を取り入れた感じです。

 

大まかなルールは日本と同じです。4人の参加者で1番パネルを獲得した人が優勝です。シンキングタイムのBGM(わたしたちが真っ先に思い浮かぶアレです)、アタックチャンスも日本と同じです。そのため、わたしたちは何言っているのかはわからないですが、なんとなくで楽しめます。

 

ただし、細かい部分では日本と異なります。

 

ベトナムアタック25では参加者は有名人、クイズアナウンスも有名人です。そのため、バラエティ要素が強く、参加者やアナウンサーとの絡みが多いです。日本のような少しピリつくというか、淡々とした感じで番組は進まないです。

 

また、ベトナムアタック25では賞品はないです。これも参加者が一般人ではないためでしょう。優勝者もボーナスクイズに正解しないと何ももらえません。ちなみに、ボーナスクイズに正解すると賞金5万円がもらえます。

 

ベトナムアタック25は、全体的にグタグタ感があり、賞品も寂しいです。これは、ある程度は仕方ないです。まだ始まったばかりなので。

もしかすると、ベトナムアタック25が人気になれば、豪華賞品をかけたガチのクイズ番組になるかもしれません。

どうでもいいかもしれませんが、様子が変わったらまた紹介します。

 

あと、余談ですが、ベトナムのテレビ番組が気になる方がいれば、YouTubeで「HTV7」と検索してください。色々なテレビ番組が視聴できます。

 

それでは。