ほうざんのもしかするとためになる話

少しでも役立つ情報を掲載できればと思っております。

ブログのネタが無限に湧き出てくる方法

どうも。

 

他人にも自分にもついつい甘くしてしまうことで有名なえるこんです。

 

ブログを書いているとブログのネタ探しが必要になります。

 

私も毎日1記事の投稿を目指していますが、ブログのネタで困ることはよくあります。

 

現在も毎日1記事の投稿ができていませんが、時間的な問題であってブログのネタに困っているわけではありません。

 

今回は、ブログのネタの探し方について書いていきます。

 

ブログのネタは無限にあるというのは本当だった

わたしたちは、ブログのネタに困ると、Googleで「ブログのネタ 探し方」と検索します。

 

すると、すでに実績のあるブロガーの記事がたくさんヒットしてそこからヒントをつかむことができます。

 

ヒットする記事にはどれも、ブログのネタは無限にありますという文言でブログのネタに悩む必要なんてないと言わんばかりのことが書いてあります。

 

実際は、その通りです。私自身もブログのネタは無限にあるということは実感しています。しかし、そのことに初めから気づけたわけではありません。

 

最初に、ブログのネタについてGoogleで検索したときは、なるほどだけど、上手く記事にできるようなネタとなると話は別だなと感じてました。

 

このような考え方は間違っています。しかし、ブログを始めたばかりとか、本格的に記事をたくさん書き始めるブロガーにとっては、すんなりと理解できる話ではありません。それこそがブログのネタに困る1番の原因なのです。

 

ブログのネタに困るというのは、ネタを記事として成立させる方法がわからないということなのです。

 

ブログのネタを無限に生み出そうと考えた方法

実績のあるブロガーの記事を読んでもブログのネタが無限にあるということをイマイチ実感できずにいました。

 

そして、その日の記事をどうするのか困っていました。

 

そこで、私はある行動にでました。

 

ブログのネタ帳を作ったのです。

 

いつも、頭の中で記事を考えてなんとなく書いていたのを、事前にネタと記事の構想を大雑把に決めてから書くようにしました。

 

具体的には、ノートを1冊用意して、そのノートにひたすらネタと記事の構想を書いていきました。

 

ノートはネタ集めの第1段階です。記事として採用するかどうかは一旦無視して、些細なことでもメモを取る感じでノートに書いていきます。

 

重要なのは、些細なことでもノートに取ることです。気づいたことをどんどん書くようにします。もしかすると、その時点では記事にできないかもしれません。ですが、後々記事にすることは可能になります。

 

人間の脳は不思議なもので、1度記憶したことは潜在的に思考するのです。そのため、予期せぬタイミングで記事をひらめくことができるようになります。

 

ノートに蓄える些細なことは多くなると、一見関係ない些細なこと同士が突然つながります。

つまり、記事のネタとして面白いものができるのです。

 

私は、ノートで記事のネタ帳を作りましたが、スマホのメモ機能でもExcelでも記録できればなんでもいいのです。私はすぐに書き込めるという点にメリットを感じてノートにしています。

 

ネタ帳に書く時に気をつけること

書き方はどのような仕様でも問題ないです。

 

ただ、1つ気をつけてほしいことがあります。

それは、日付と書いたときの状況を記録しておくことです。

 

例えば、20XX年、8月5日、仕事中

このように書いておきます。そうすると、後で見返すときに記憶を呼び戻す手助けになります。

「あの時、◯◯について疑問感じとったなー」という具合でノートに書き記した内容を思い出しやすくできます。

 

ブログのネタは急に思いつくことが多いです。だからこそ、いつでも過去のメモを思い出せるようにしておくことが大切です。

 

ネタ作りに重要なのは十人十色

つまり、考え方は人それぞれだと言うことです。

 

1つの事柄に対して、意見や考え方は人の数だけ存在します。

 

そうであれば、できるだけ多くの人の意見や考えを聞くことでブログのネタとなります。

 

ヤフーニュースやYouTubeだと、コメント欄があります。そこには、たくさんの意見や考えが載っています。極端なことを言えば、それをそのまま記事にしてしまえばいいのです。

 

特にニュースは今後も無限に生まれてきます。ニュースを題材に記事を作るのであればネタは無限にあるということです。しかも、コメント欄を活用すれば、記事のボリュームも確保できます。

 

こういった考え方をするとブログのネタは無限にあると感じることができるのです。

 

また、先ほど、1つの事柄に対して、意見や考え方は人の数だけあると書きました。それは、自分の書いた記事を評価してくれる人がいるということの裏返しです。

 

自分の書いた記事は、つまらないゴミ記事と言われる類かもしれませんが、日本全国にいる人のなかには、記事を評価してくれる人がいるかもしれません。

 

はじめから万人ウケを考えてはいけません。まずは、少しでも記事を多くかくことが重要です。そのためにもネタ帳は必要だと考えています。

 

最後に

ブログの記事はほとんど読まれません。

 

数打ちゃ当たるではないですが、記事をたくさん書いたら需要のある記事が生まれる確率は高くなります。

 

ブログのネタで困っているのなら、まずはネタ集め(つまらなくて上等)をして、記事をたくさん書いてみることをオススメします。

 

それでは。