ほうざんのもしかするとためになる話

少しでも役立つ情報を掲載できればと思っております。

友人からNO-VA(ノーヴァ)に勧誘されたので騙されてみた①〜怪しい勧誘〜

どうも。

 

他人にも自分にもついつい甘くしてしまうことで有名なえるこんです。

 

アムウェイニュースキン

 

マルチ商法(?)の王道というべき存在です。

 

私の友人がなんでもアムウェイに手を出した(挑戦した)らしく、何か怪しい動きを見せています。ちなみにNO-VA(ノーヴァ)です。詳しくはこちらのブロガー様の記事をご覧ください。

 

 

儲かるのであればマルチ商法も別に問題ないと考えています。しかし、投資という名の搾取だけは許せないです。

 

今回は、友人のマルチ商法について騙されたテイで内部を探った実態について何回かに分けて紹介します。

 

友人のスペックを軽く紹介

友人のことを以下Xと呼ぶことにします。

 

Xは、大学時代の友達です。Xは大学を卒業後、福祉関係の職について働いています。

 

彼はとある将来の夢(ここでは関係ないので割愛します)を実現させたいということで、貯金が必要でした。しかし、福祉関係の仕事の収入は、わたしたちが知っているように決して良いとは言えません。

 

そこで、彼は副業をしようと画策して、案の定マルチ商法(?)に手を染めてしまいました。

 

Xは、かなりいい奴です。心が優しいのでマルチ商法は向いていません。そのため、マルチ商法での収入はありません。

 

そのため、新たな副業を日々探しているといった感じです。

 

転職すれば?と思うかもしれませんが、その辺はそっとしてあげてください。

 

教科書通り、突然怪しいLINEを送ってきた

Xとは、大学卒業後、近くに住んでいながらも特に交流はない間柄でした。

 

ある日の夜、私はいつものようにベッドでゴロゴロしていたらXからLINEがきました。

内容は、

知り合いのオーナーからお願いがあって、ネット広告の手伝いをしてくれる人を探してる。えるこんの周りに月1〜3万円くらいで手伝ってくれる人いる?

こんな感じでした。

 

はじめは、短期のお小遣い稼ぎの紹介かな?というくらいで真剣に考えました。

 

そのため、私はXに、

ネット広告だとしたら、何かスキルはいる?

こう聞きました。この時点で私はマルチ商法とは全く疑っていません。

 

すると、Xは

特別なスキルはいらないよ。誰でも簡単にできるよ。

こう返してきました。

 

そのため、私は

だったら俺がやるよ!

とこたえました。

 

すると、Xは、

それでもいいよ。

と返してきました。

 

そこで私は、お小遣い稼ぎができる仕組みが知りたかった(まだ、マルチ商法とは気づいていない)ので、こう聞きました。

発注者は誰?Xは、俺を紹介すると報酬がもらえるの?

 

するとXは、

俺もそこら辺はよくわからない。説明会あるから一旦聞いてみる?

こう返してきました。その日は夜も遅かったのでとりあえずXとの会話は終了しました。

 

説明会??そういうことか!

 

XとLINEしたあと、私は初めてマルチ商法の勧誘を受けたことに気づきました。

 

共通の友人に聞いてみた

そこで私は、すかさず、共通の友人Y(以下Y)に怪しいビジネス話が来てないかよそよそしく聞いてみた。結果は予想どおりLINEがきてたのこと。

 

Yは胡散臭いからスルーしたそうです。

 

しかし、私はスルーしないことを選択しました。副業に興味があるからです。そして、Xが変なことに巻き込まれないか心配だったからです。

 

そこで、私はXの話にあえて乗らことを考えました。

 

Xと意気投合(?)そして説明会へ。

Xから勧誘LINEが来た翌日。

 

私は、再びXに連絡しました。電話でのやりとりだったのですが、私は何もわからない風を装いXの話を聞きました。

 

Xは副業をやることで夢を叶えたいことに変わりはありませんでした。

 

だからこそ、怪しいビジネスで失敗することがかわいそうに思えました。何度かこの場でお前は間違っている。目を覚ませ。と言おうと思いました。

 

しかし、私の個人的興味が勝ってしまい言うことはできませんでした。結果として言わなくて正解でした。

 

その後は、興味があるフリをしてなんとか説明会にこぎつけました。と言っても向こうは説明会に引きづりこみたいので簡単でした。

 

怪しすぎる説明会

そして、説明会当日。

 

Xと会場とは別の場所で待ち合わせをして会場に向かいました。会場を教えてくれなかったのでヤバイところに連れていかれるのかと考えましたが、そういうわけではありませんでした。

 

Xにつれていかれたのは、とあるアパートでした。お世辞にも綺麗なアパートとは言えない、家賃も安そうなところでした。

 

入口には、❤️Wellcome❤️とラミネートされたものがインターホンの近くに貼られていて、いよいよ怪しさ満点になりました。

 

Xがインターホンを押すと、中から若い女性(以下A)が出てきて中に通されました。Aは、通りすがりのだったら綺麗ぐらいの人で香水のいい香りはしましたが、雰囲気美人という感じです。

 

室内には、10名ほどの女性がいて、なにやらミーティングをしているようでした。

 

私とXはAに部屋の奥に通されて、少し話をしました。

 

Aは、本日は来てくれてありがとう的な形だけの挨拶をしたあと、私と軽く会話しました。

 

A:本日はXくんから何と聞かされて来ましたか?

私:手軽に副業ができると紹介されてきました。

A:いいですねー。本日はBさんというこの業界の凄い方の話が聞けます。後ほど質疑応答がありますのでしっかりと話を聞いてください。

 

この会話にXも参加してましたが、Xの慣れた感じが怖かったです。あと、Aは相槌がうんだったのでなんか嫌な感じがしました。

 

そして、BというNO-VAではやり手(?)の女性が登場して説明会が始まります。

 

詳細は次回へ

本格的な説明会のやりとりは、長くなるので次回に持ち越します。

 

できる限り説明会の臨場感は出していきたいので乞うご期待(?)

 

それでは。