ほうざんのもしかするとためになる話

少しでも役立つ情報を掲載できればと思っております。

友人からNO-VA(ノーヴァ)に勧誘されたので騙されてみた②〜怪しい説明会〜

どうも。

 

他人にも自分にもついつい甘くしてしまうことで有名なえるこんです。

 

前回の「友人からNO-VA(ノーヴァ)に勧誘されたので騙されてみた①〜怪しい勧誘〜」の続きです。前回記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

 

 

今回は、NO-VAの内容と説明会の内容です。やりとりは全て録音しているのでご安心(?)してください。

f:id:erukon:20190804072256p:image

NO-VAのカリスマ的存在Z

説明会には、NO-VAのカリスマ的存在のZが登場しました。

 

名前は伏せますが、40代の女性です。

 

化粧の魔力もあり、ギリいけるかなといった感じの美人でした。

 

なんでも、Zは、過去に3つのビジネスを掛け持ちでやっていたそうです。その時点でやり手ですね。。。

 

そのビジネスは、店舗の経営といった健全な感じでした。

 

そんな中、どういう経緯があったかは不明ですが、ZはNO-VAに出会ったそうです。Zも最初は怪しいと思いながらNO-VAに手を出してそうですが、今では大成功で毎月100万以上稼ぐカリスマに成り上がったということです。

 

もちろん、元々やっていた3つのビジネスは辞めたというオチです。

 

私としては、元々やっていたビジネスについての話を聞きたいところでしたが、話を進めるため我慢しました。

 

そして、Zは、NO-VAの全容について話始めました。

 

NO-VAの全容

NO-VAは、3つの方法(ゲームの広告と課金額と権利収入)で利益を出します。

 

ゲームというのは、カジノゲームとブックメーカーです。

 

はっきり言ってアホらしいビジネスモデルです。

 

Xは、話の途中で寝るという暴挙にでてZに呆れられる場面もありました。Xは興味深々なはずなのに不思議な奴です。

 

ゲームの広告

まず、NO-VAを始めたい人は、NO-VAのオーナーになります。そして、ゲームを口コミによって広めていくことで新たなオーナーを勧誘します。そして新たなオーナーは次の新たなオーナーを勧誘していくことでNO-VAのオーナーを増やしていきます。

 

オーナーは新たなオーナーの勧誘に成功すると1人につき8000円の報酬が発生します。

 

また、間接的なオーナーの勧誘に成功した場合は3000〜5000円の報酬が発生します。

 

言葉だと説明しづらいので以下の画像を見てください。

 

f:id:erukon:20190804072034j:image

 

間接的に勧誘できるオーナーには上限がありますが、上限に達する頃には100万円ほどの報酬が発生するという仕組みです。

 

勧誘方法は様々ですが、NO-VA登録の際には紹介者が同伴することになるので、YouTubeやブログ、SNS、といった形でNO-VAを拡散していくことになります。

 

ただ、基本はLINE、インスタ、フェイスブックでの拡散です。というのもオーナーは3人勧誘できればいいので身近な人をターゲットにするからです。

 

そもそも、NO-VAの組織自体に後ろめたさがあるからブログやYouTubeでの拡散はしていないのですがね。

 

これが、NO-VAで稼ぐ方法の1つです。

 

課金額で稼ぐ

オーナーの勧誘に成功すると、自分を筆頭にしたグループのようなコミュニティが形成されます。

 

そのコミュニティ内でゲームに課金を行うと総額の3パーセントほどが報酬になるという仕組みです。

 

ゲームといってもカジノなので実際に儲けることもできます。勧誘の際にはその点も伝えておくことで、ゲームへの課金率を上げていきます。

 

例えば、自分(えるこん)を筆頭にしたコミュニティが10人いたとします。そして、月に1人当たり1万円使ったとします。そうすると、課金総額は10万円です。結果、自分(えるこん)は10万の3パーセントである、3000円が報酬として入ってきます。

 

これだけ聞くと、儲かるどころかむしろマイナスです。

 

しかし、実際のコミュニティは100人以上になるそうなので、少なくとも月3万円は手に入るといった算段になるらしいです。

 

カリスマZは、コミュニティが1000人はいるので毎月30万円は稼ぐそうです。

 

権利収入

これは、NO-VAのゲームの1年間の総利益の一部が受け取れる仕組みです。

 

マージンとしては、総利益の1〜7パーセントで、NO-VA会員としてのランクが上がるとパーセンテージも上がる仕組みになっています。

 

NO-VAの年間の総利益はあやふやにされましたが、会員のランクが最低でも月に5万は手に入るらしいです。

 

ちなみに、カリスマZは権利収入だけで月に100万以上稼いでいるようです。

 

NO-VAへの入会条件

NO-VAの説明を聞いて、もしかすると上手くやれそうな気がすると考えてしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、入会条件を聞くとその気持ちも失せてしまいます。

 

というのも、NO-VAに登録という名の入会をするためには、22万8000円の事前入金が必要になるからです。

 

私は、騙されまいと説明を聞いていて、心のどこかでもしかしたら成功するかもと感じてましたが、一気に正気に戻れました。

 

学校の入学金でもあるまいし、ふざけた話です。

 

もちろん、カリスマZは、今後は毎月稼ぐことができるから安いものとしきりに言ってましたが、私の心には全くひびきませんでした。無論、友人Xの心にはひびきわたっていたようです。

 

NO-VAへの入会には、事前入金と個人情報の提供が必要になります。それでもやるかと言われたら、冷静になれば即決はできません。ちなみにXは即決してしまったようです。

 

質疑応答がクソすぎた

カリスマZの説明が1時間ほどで終わりました。

矢継ぎ早にマシンガントークしていたので、役に立つかは別としてかなりの情報を詰め込まれました。

 

予定では、説明会参加者は、カリスマZの説明を聞いてもちんぷんかんぷんになるため、質疑応答の時間を1時間設ける作戦のようでした。

 

私は、ほとんどを理解したので、NO-VA側が聞かれたくないことしか質問したくありませんでしたが、その気持ちを抑えました。そして、あえてわかっていない風を装って質疑応答の時間に臨みました。

 

カリスマZは質疑応答には応じません。私と友人Xを出迎えた若い女性Aが応じてくれました。

 

ちなみにAは、綺麗な雰囲気はありますが、目が死んでいるというか、冷たい感じなので話をしていても楽しくはありません。

 

Aは、NO-VA歴3年らしく、NO-VAだけで生活しているらしいので、それなりのやり手でカリスマZに頼りにされている感じでした。

 

Aは、早速、カリスマZの説明についてわからないところはないかと聞いてきました。

 

私は、差し障りのない報酬システムのことについて質問しました。

 

すると、Aは、うんうんとうなずき、AのNO-VAとの出会いについて話始めました。いやいや、わからないことないかと聞いてきて、こちらの質問をスルーするな!とツッコミしたい気持ちでした。

 

なんでも、Aは元々高級ホテルの従業員で給料の少ないことから、希望していた1人暮らしが叶わない状況でした。

 

経緯は不明ですが、そんな時にAはNO-VAと出会って成功したそうです。

 

よくある作り話の定番のような流れだったのでほとんど聞き流してました。

 

その後もいくつか質問しましたが、必ず最後にNO-VAなら上手くできる、サポートも充実していると念を押すかのように言ってきました。

 

そして、1番気になった入会の際の事前入金について、質問しました。というのも、すぐには23万円は用意できないからです。

 

Aは、お金が用意できないことも察知していたので、待ってましたと言わんばかりに提案をしてきました。

 

Aは、入会金は分割で払えばいいと言いました。ただ、分割と言ってもキャッシングしろとのことでした。Aは、真顔でクレジットのキャッシング機能や消費者金融から一旦お金を借りて、少しずつ返していけば大丈夫と言いました。あくまでNO-VAが成功するから借金してもすぐにチャラにできる、むしろ投資なんだよということなのでしょう。

 

私は、マルチ商法で借金させるという手法についてはよく知っていたので、NO-VAは完全な黒だとこの時点で確信しました。

 

また、Aは、その場でキャッシングさせようとスマホ消費者金融のサイトを開き始めました。

 

そこで、私はAに既に借金があるから、キャッシングは無理と伝えました。すると、Aはキャッシングの利用可能額はいくらかと聞いてきました。

 

私は、10万円くらいと答えるとAは、入会金には半額のプランもあると説明を始めました。

 

報酬に多少の違いはあるけど、途中でのプラン切り替えは可能なので問題ないと言ってきました。

 

Aとしては、なんとしてもこの場で私に入会させたいようでした。私は入会する気はないとは言いませんでしたが、一旦家に帰って整理したいと何回も言いました。

 

友人Xも、気を利かしてくれて、私が今バタバタしている時期だから時間を置きたいと言ってくれたので、なんとか帰ることができました。

 

帰る際は、カリスマZとAがエレベーターの前まで見送りしてくれて、Zに、来月よろしくね!と笑顔で言われました。そして、家に帰ることができました。

 

最後に

NO-VAはヤバイです。

 

しかし、友人Xは、何か夢を抱いているようで心配になりました。

 

Xは、無論、NO-VAに入会し、言われるがままにクレジットカードを作り、キャッシングしたようです。

 

Xは、手遅れでした。あとは、Xが後悔しながら返済していくだけです。

 

ちなみに、NO-VAとは今後もう一度話をする機会が得られそうなので、また潜入します!

 

最後になりますが、わたしたちの周りにはマルチ商法の魔の手がはびこっています。騙されないためにも都合のいい怪しいビジネス話には乗らないようにしたいものです。

 

それでは。