ほうざんのもしかするとためになる話

少しでも役立つ情報を掲載できればと思っております。

【実話】コンビニ店員の内部不正は結構あります。

どうも。

 

他人にも自分にもついつい甘くしてしまうことで有名なえるこんです。

 

企業の内部不正は度々ニュースになりますが、それはコンビニも例外ではありません。

 

今回は、そんな話を私の実体験から書きます。

 

ただ、コンビニといってもセブンイレブン、ファミマ、ローソンなどの会社のことではありません。あくまで、FC店としてやっている個人オーナー店での話です。その点はご理解下さい。

 

店長による売上横領

これは、私がアルバイトをしていたコンビニのオーナーの別店舗で起きた話です。

 

その店舗の店長は、キャバクラに行きたいがために店の売上を横領していました。その額は50万円を超えます。

 

なんでこんなことができたのか、それはコンビニの清算にカラクリがあります。

 

コンビニの清算は、毎日行います。そして、確定した金額を本部に送金します。

 

そして、詳しくは書けませんが、その送金額をごまかすことが可能なのです。

 

横領のあった店舗では、店長が清算の際に送金額をごまかしていました。

 

毎日少しずつ、売上を横領して月末になってオーナーにバレたということです。

 

横領がバレた時点で店長は即刻クビでした。本来なら警察に突き出してもいいレベルですが、店長の両親が横領分を返済するということと、店長の奥様が同じが同じ店舗で働いていたこともあり、店長のクビだけで済んだようです。

 

今でこそ、レジの自動化が進んでいますが、かつては、レジは手動でやっていたのでお金をごまかすことは比較的簡単だったことは事実です。

 

勝手に廃棄にして食べまくる

これは、横領のあった店舗とはまた別の店舗であった話です。

 

その店舗の店長は、毎日のように自分の食べたい商品を勝手に廃棄にして食べていたのです。

 

廃棄を食べること自体は、オーナーから許可を得ていたので問題ありません。しかし、まだ期限が来ていない商品を勝手に廃棄にすることに問題があります。

 

廃棄を出すこと自体、その処分にお金がかかります。本来お客様が買って利益になるはずの商品を廃棄にしても店には何の利益にもなりません。

 

正直、1日、2日だけ勝手に廃棄して食べたい商品を食べてもバレません。しかし、一度に複数の商品を毎日勝手に廃棄していたら、廃棄の量が不自然になりバレます。

 

無論、オーナーは激怒してその店長はクビになりました。しかし、店長側も反論したようでオーナーは疲れ切っていました。

 

廃棄自体は、スタッフなら誰でも簡単にできます。そのため大なり小なり無断廃棄をやったことがあるはずです。極端なことを言うとその行為は窃盗になります。犯罪まがいの行為はやめましょう。

 

廃棄ロンダリング

これは、スタッフ(アルバイト)がやっている行為です。

 

どういうことかというと、ホットスナックの揚げ物の廃棄をすり替えるということです。

 

ホットスナックは商品によりますが、だいたい2〜6時間で廃棄になります。

 

廃棄となった商品は、食べることができます(オーナーの許可があったため)が、古くなっているので美味しくはありません。

 

そこで、廃棄となる商品を新たに作って、できたての商品を廃棄にするのです。

 

フランクフルトを例にします。

 

18時になってフランクフルトは廃棄の時間になりました。

 

そこで、スタッフAはフランクフルトを廃棄にします。(この時点でまだ商品ケースにフランクフルトは残ったまま。レジで廃棄処理しただけ)

 

しかし、お客様の来店が多い時間です。スタッフAは再びフランクフルトを廃棄した本数分作ります。そしてできあがったフランクフルトを自分が食べる用にします。商品ケースには古いフランクフルトが残ったままで廃棄時間だけが延長されます。

 

こうして廃棄ロンダリングが成立します。

 

もし、コンビニでホットスナックを買った際に、商品がやたら黒ずんでいるとか固いと言った場合は、廃棄忘れか廃棄ロンダリングの結果です。身体に影響はありませんが美味しいとは言えないでしょう。

 

なんで社員やスタッフはこんなに悪いことをするのか?

理由2つあります。

 

1つは、給料が安い。これにつきます。

 

オーナーが利益を独占している場合も考えられますが、私の店のオーナーはそこまでの印象はありませんでした。

 

給料が安くなる最大の原因は、本部への上納金です。利益の半分が本部に搾取されます。

 

この上納金が少なくなれば、社員やスタッフの給料が増えるのでないかと思います。

 

もう1つの理由は、自惚れです。

 

店で不正をするのは、店長だったり、ベテランスタッフだったりとオーナーからある程度の信頼を勝ち取っている人が多いです。

 

その信頼を自分は偉い人になれたという受け取り方をすると不正に手が出ます。

 

店長になれば、その店の権限はほとんど持てます。スタッフであっても店長から任せてもらえれば多くの権限を持つことができます。そうなればやりたい放題です。

 

信頼されているのであれば、それに応えるべきです。間違っても裏切ってはいけません。

 

最後に

人間誰だって魔がさすときはあります。これは仕方がないことです。

 

だからといってやりたい放題していいわけではありません。

 

悪いことをすればバチが当たる。そんな心持ちで生きていくことが大切なのではないでしょうか。

 

それでは。