ほうざんのもしかするとためになる話

少しでも役立つ情報を掲載できればと思っております。

キャッスレス化は便利だけどお金に余裕がないのであれば使わない方がいい

どうも。

 

他人にも自分にもついつい甘くしてしまうことで有名なえるこんです。

 

PayPayとかLINE Payとかいわゆるバーコード決済が可能になり、ますますキャッシュレス化は進んでいます。

 

わたしは、バーコード決済をあまり使用しませんが、交通系ICとかEdy、ID、クレジットカードはよく使用してました。

 

キャッスレスは大変便利です。かさばる財布も必要なく支払いもスピーディーです。しかしキャッスレスは便利すぎるがゆえにお金に余裕がある人向けのものであることを認識しないといけません。そうしないとキャッスレス化によってお金がなくなるだけの人生になります。

 

キャッスレス化になっても自分の収入が増えるわけではない

キャッスレス化しても自分の懐事情は変わらないです。変わるのは自分の懐の引き出しが多くなるということだけです。

 

銀行口座からスマホでチャージしたり、銀行口座から引き落とししたり、スマホ料金と合算したりと、キャッスレスになると自分のお金を引き出すための方法がたくさんになります。

 

しかし、実際は便利ということでついつい余計な買い物をしていまいます。そして、なんだか自分にはお金があると勘違いしてしまうのです。そうなると無意識に自転車操業でお金のやりくりをするようになり、さもお金に困っていない感じになります。

 

キャッスレスで便利なのは事実ですが、自分に見合った使い方をしないとすぐにお金に困ることになります。

 

お金がない人ほどイキって使用する

キャッスレスを便利だと認識して利用する人はお金の使い方上手い人です。あくまで必要分しか使用しないし、闇雲に様々なキャッスレス機能は使用しないです。

 

しかし、お金がない人は違います。キャッスレス機能を使用することが1つのステータスになるのです。キャッスレス機能を使用する自分がカッコイイというような感じなのです。なぜそんなことがわかるのか?私がそうだったからです。

 

iphoneXで始めてiphoneデビューした私は、それはもう調子にのってIDを使いまくりました。クレジットカードも作って大人になった気分などと調子のって使いまくりました。財布持ってて現金あっても敢えてクレジットカードを使ってコンビニの店員の方などに無意識にイキってました。

 

全員ではないですが、お金がない人はキャッスレス機能に憧れてやすいです。そして実際に使用すると必要分以上に使いまくるので後悔します。

 

お金がないのであれば、キャッスレス機能は使用するべきではありません。キャッスレス機能はあくまで支払いをスムーズに済ませるためのアイテムです。支払う予定が少なかったり少額であれば従来通り財布から現金で支払いするべきです。

 

キャッスレス機能とコンビニの相性が良すぎる

コンビニはあらゆるキャッスレス機能に対応しています。それでいて食事に関しては満足できるラインナップになっています。

 

そうなると、コンビニの利用がより便利になるので無駄遣いが加速します。

 

今までなら財布にお金が無いから我慢していたことが、財布にお金がないけどクレジットカードは使えるとか、バーコード決済が使えるなど我慢する理由がなくなってしまうのでついつい買い物のためにコンビニに寄ってしまうのです。

 

どうせ後から払うからと調子にのって1回の買い物でたくさん買い物をしてしまいます。それが毎日のように続けばどうなるかの想像は簡単です。月末に鬼のような請求が待っているのです。

 

コンビニは田舎でなければあちこちにあります。コンビニを視界に入れないことは難しいです。特に朝の出勤前とか、夜の帰宅途中は喉が渇きや空腹に襲われます。そこで手持ちを気にしなくてもいいキャッスレス機能が使用できれば無意識にコンビニに寄るでしょう。

 

コンビニの買い物は毎回が決して高額になるわけではありません。しかし、毎日の積み重ねは意外と手強いです。

 

とにかくコンビニとキャッスレス機能の相性が良すぎるので気をつける必要があります。

 

結局キャッスレス機能はお金に余裕がある人向けである

お金に余裕がある人たちは、無駄遣いしようが節約しようがお金に困ることはありません。そのような人たちが便利だという理由でキャッスレス機能を利用しても誰も困らないです。

 

キャッスレス機能によって貧困になっては元も子もありません。

 

そう考えるとキャッスレス機能はお金に余裕がある人たちが利用するべきなのです。

 

キャッスレス機能使える自分カッコイイなどと自惚れている人にはふさわしくないのです。

 

キャッスレス機能はまだまだ進化する

海外では、マイクロチップを手に埋め込んでそれによって支払いが可能となるキャッスレス機能があります。

 

体に支払い機能を埋め込むわけですからキャッスレス機能としては最強です。

 

いずれは日本にもその技術は上陸するでしょう。

 

わたしたち人間は性ともいうべきなのか、新しいものにはどうしても関心がいってしまいます。そして試してしまいます。これまでのキャッスレス機能はそうやって拡大してきました。

 

この流れは今後も同じです。しかし、今は現金とキャッスレスの両方が混ざっている時期になります。このタイミングでキャッスレス機能の正しい利用方法を学ぶことが重要です。そうすることで今後、キャッスレス機能が溢れかえっても困ることなく利用できるからです。

 

もしかするとキャッスレス機能の進化はまだまだ序の口なのかもしれません。

 

最後に

キャッスレス機能は誰であろうと使用できるのであれば利用しても問題ありません。

 

ただ、カッコつけて利用するだけなら後悔することになるので利用しないことが無難です。

 

キャッスレス機能を利用するのか、キャッスレス機能に利用されているのか、今の自分がどちらの立場なのかを理解することが大切です。

 

せっかく便利な機能を頭のいい人たちが開発してくれるのですから、その利用においても賢くあるべきなのではないでしょうか。

 

それでは。